最近やり友がバトってくれないので、自分と戦う日々を記す。
by vavavaway
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日記
ネタ
音楽
動画
メモ
バトル(AOC)
忍者糞剣伝
魚突き
ボウリング
リンク
Kzkey's diary(kzkey)
Caps(マサ)
適当(霜闇田)
ええあんばいじゃー。(ム)
午後てぃー(プ)
おしゃま(X)
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ボウリング( 106 )

いつも何かひとつが足りない

前回のブログ投稿から3回の練習を経ています。

バックスイングから、顔の下にボールを送り出すようにスイング、というよりは押し出すようなイメージで、リリース地点でフィンガーをボールの下に入れるスイング。
すると、おそらくはレーンの短さも手伝って、いつもより倍くらい角度をつけてフック。
ピンアクションも心なしか強くなったように見える。
だけど、球速が上がらない。
3歩目までの助走を短くしてみる、4歩助走にして大きく踏み出すなど試したが、むしろ球速が下がっていくw
むつかしいね。

そうこうしてるとバックスイングも乱れてくるので、いったんスイングにもう一度視点を移す。
肘を中心にしたスイングを意識してみる。
肘は腹の内側に締める感じで、プッシュアウェイでボールはやや外側にする。
ダウンスイングが始まると、ボールが内側に下りてきて、そのあと外側にすっと上がる!・・・はずであったが、素直にスイングはそのまま内側に下りていき、スイングプレーンは保たれたまま、思いっきり背負ってしまうのであった。意味がNEEEE!

で、前回はプッシュアウェイでボールは顔の前に、ボールは人差し指のライン上に乗せる。
肘を意識せずとも、この状態でボールを前に出すと、勝手に肘は締まる。
ただし、スイングプレーン上に足が残らないよう、身体を右に倒しておかなければならない。
アドレス時に先に傾けておくのがいい。
これで、きれいなスイングに。
うんうん、できるじゃねえか。
でも、ときどきドアスイングになる。
身体が開きすぎ、なんかな。
助走も特に悪くない、悪いのは、バランスアーム、な気がするなあ。

左手の平を上に向けて、以前やってた左腕グルンスイングするか。
胸が張れて球速も上がるやもしれん。
あとは、タイミング。
また3歩目が遅れて出てる。
今回は意識して出したつもりなのに、出なかった。
ダウンスイングを迎えにいくくらいの勢いで左足を出すか。うん。
強いフックがかかるときはいつも手が遅れている。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-10-07 21:05 | ボウリング | Comments(0)

そうかんたんに わたしが たおせるかな

前かがみで、力を抜いて小指先行の形でボールをぶらさげる。
右肩がさがったそのままの体勢で体を起こして背筋を伸ばす。
左肩を30度くらい前に出す感じで出して、左肘を張って左手をボールに添える。
右手の力を抜いて右目の前でアドレス。
小指は先行の形のまま。
右ひじは右腰の前にもってこれるはず。
てきとうな高さにボールをもってきてアドレス。
気持ち高めでいい。そのほうがふわっと出せる。と思う。
ち~さく左足を出す、右足を出す、
プッシュアウェイはふわっと前に出す、ボールが右手から零れ落ちないように。
左肘は張ったまま。
右手首が折れないように助走。あとは勝手にいく。

おおおお、なんと綺麗なバックスイングではないか。
外ミスの原因は、ダウンスイングで脇が開いていることだと思われる。
コントロールは、バランスアームの角度で決まるっぽいよう。
きたぞきたぞ!

しかし、回転は増えんし、アクシスローテーションが傾きすぎ。
もうちょっと肘を曲げてもええんかもしれん。
というか、以前とは事情が変わってきた。
回転が増えない原因が以前と変わっている気がする。

現状で、その、下にリリースするとか、親指を地面に突き刺すイメージとか、そういったのが通用してくるのではなかろうか、とか。
転がすのは・・・ちょっと難しかったなあ。
肘が伸び切っているのが固くなる原因な気はしている。

てことで、次回の練習は今回のフォームの反復と、少しずつ脱力していくこと、
そんでリリースを下に。

からだが・・・くず・・・れる・・・

ってならんように

 

[PR]
by vavavaway | 2018-07-26 21:53 | ボウリング | Comments(0)

懸念していた首の痛みがw

助走の足元に注意を払う、プッシュアウェイの形をしっかり作って、プッシュ時にボールが手のひらからこぼれないよに気を付ける、体正面向き、背負わないように胸を正面向き気味に張って我慢、などなど。。。
いろいろ気をつけながら、いつになく身になる練習ができたかと思います。

バックスイングのときに、視線をターゲットから外さず、肩をスイングに合わせて、腕が横を通り過ぎたあと自然にオープンに・・・。
さて、シャドーのときから思っていたが、こんなスイングしてたら首が痛くなるんじゃないかと懸念していたのだが、やはり首を痛めたw
まあ、つまりはシャドーでイメージしていたとおりのスイングができていたとポジティブにとらえるが・・・w
うーん、アドレス時にもう肩を開いてた方がええんかのう?
まっすぐ投げれてたときはそうであったような、なかったような・・・少なくとも、オープン時の肩の動きは極力小さくしているように見える。でも、これでいいのだろうか?

最後の動画を確認してみると、かなりロバスミフォームに近づいているのがわかる。
タイミングも悪くない、つまり自分の体とタイミングが合っていない・・・?
あとは強いて違いを探すとするならば、

1、リリースのとき胸が張れていない。
体の真下にボールを転がすようにリリースできていない。投球精度の不安定さと、回転がかからないのはこれが原因と思われる。バランスアームの返しをもっと早く意識するべき、かな。あと、手のひらを上に向かせるくらい。
2、ボールを体に引き寄せるようなバックスイングになっている。
これは新しい発見。ロバスミは、身体がスイングに寄るような動きをしている。もうちょっと言えば、オープンバックになるとき、左肩と体幹を右に寄せて、右肩はほとんど動いてない。背負う原因はここにあるやもしれぬ。

1は次回意識してやってみよう。
2は左肩を寄せるというより、ステップワークの問題な気もするなあ。ちょっと意識してみよう。
これによって首の痛みが少しやわらぐかも?w
てか、見返してみると1も2もバランスアームの問題じゃな。頑張りましょう。
あとは今回良かった、プッシュアウェイ、助走に注意、を継続して練習する。
近づいて近づいて、それでもダメならまたそのとき考えよう。うん。
以上!

 

[PR]
by vavavaway | 2018-07-05 23:50 | ボウリング | Comments(0)

助走

スイングプレーンのスペースができるように、体をくの字に折ってアドレス。
脇を絞ってスイングを意識すると、バックスイングはまあまあ綺麗に上がってたんじゃないでしょうか?
4歩助走でも。
ただまあ、オープンバックにする以上、それでも背負い気味になるのは仕方ないのか?
プッシュアウェイを顔正面にしすぎず、外にしすぎず、右目の前あたりを目指すと、まずまず。
うーん、しかしまったく安定しない。
どうもタイミングがバラバラ。助走も乱れすぎる。

最後にちょっとだけ、助走を意識してみる。
すると不思議なことに、ボールを持った右手が非常に楽にスイングできる。
なぜなのかわからんが、タイミングがいいのかもしれん。

自然なオープンバックが自然にできれば、あとは助走だけを意識すればいいのかも。
3歩目以降は意識しない、とは言うが、何を意識しないのか、というと、スイングのことなのかもしれん。
助走は無意識にできるようになるまで意識した方がよいと思わるる。

次回の練習。
プッシュアウェイをしっかり出す、背筋を伸ばす。
力を抜いて自然なオープンバック、あとはなる様になれ!
助走をしっかり意識して、正確なステップと、左腰が先行するようなスライドを。
あとは・・・なるようになれ!もう知らん!

 

[PR]
by vavavaway | 2018-06-04 23:31 | ボウリング | Comments(0)

最初(アドレス)から楽をしようとしてはいけない

うーん、繰り返す失敗。
約1か月ぶりではあったが。

背中を伸ばしてアドレス、肘を内側に折り込む、3歩目を短く早めに出す、胸を張る、
これらに気を付けて練習実施。
で、注意してできたと思うのだが、思った結果が得られず苛立つ。

まず、極端に背負う時があるのが気になる。
まず、というか、これがすべてかな・・・。
左肩が3歩目の前に下がり、自然と背負い、そしてドア、又は外ミス。
原因はわかっています、はい、2歩目です。
2歩目が左に食い込みすぎなんです。
その原因は、アドレスで上半身がくの字に折れてないこと、なんかな、と。

次さ、4歩助走でいってみようや。
左足の前に1歩目が出せないんだったらそのアドレスはおかしいですよと。
そんな感じで、次やってみよう。

でも今回、収穫はあったよ。
リリース時にフィンガーをボールの南半球にもっていく感覚。
力づくではあったのだが、それでも意識としてもっていけたのはよかった。
というか、これからはなるべく意識していかないと、無意識にブロークンリストさせてしまう気がする。
そして力づくにならないようにするには溜めが必要になってくんのかな、たぶん。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-05-21 23:15 | ボウリング | Comments(0)

復活のドア

あるぅぇえぇ?じゃw

人差し指にボールの重心を乗せるイメージでアドレス、そのまま重さを受けながら顔の正面にまっすぐ降りるようにダウンスイング。
手首が折れにくいアングルで。手首を活かしながら。
親指が外側を向くのを感じる。
今まで感じたことのなかった感触。
で、なんとか、手首がバックスイング途中までは活きているのを感じる、が、途中で感覚を失うなあ。
大問題なのが、力を抜くとドアスイングになるwこれw
肘を絞って、試してみるもダメ。
ダメだこれw
おいおい、前回すごく先に進んだと思ったのに、また振り出しかいな・・・。

さて、手首が活き続けないのは、おそらく1歩目2歩目が遅い。
もっとプッシュアウェイをしっかり出さないといけないのだと思う。
ゆるりと出すと途中で重さを見失ってしまう。
次回は、重さを受け止めつつ、最後までもっていけるようにしっかり手首からダウンスイングが始まるようしっかりプッシュアウェイを行う、コレ。
バックスイングまではゆったりできれば。
で、スライドをもっと長く、しっかりできれば。
難しそう。

さてさて、ドアスイングですが・・・。
これ、人差し指にボールが乗るくらい手首をひねった状態で体の中心にダウンスイングを降ろすと、どうしてもオープンバックになりづらく、できたとしても背負う。
背負わなかったとしても、手の角度がだいたい決まって、バーサタリティがなくなるような・・・そんなこと言ってられっか!って時ではあるが、とにかく理想のフォームとはほど遠くなる。
体幹が崩れないギリギリのところでスイングすることで解決する、かもしれない。
ちょっと風呂入る前に実験。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-04-24 22:02 | ボウリング | Comments(0)

プットアウェイ

プッシュアウェイのとき、ボールを前に出すのではなく、肘を内側に絞るイメージで動かす。
するとどうでしょう。
ダウンスイングは正直、微妙。ドアっぽい。
だけれど、フォワードスイングが安定してインサイドに入りこんでいける。
狙い通り、インサイドアウトスイングのキモは肘の位置だったようだ。
プッシュアウェイのとき、肘を顔の正面にもっていくイメージですね。
肘は伸ばさない。ただ、内側に絞るだけ。

ときどきフォワードスイングがドアになったけれど、プッシュ時のボールの位置が外すぎたのが原因と思われる。というか、外すぎるとバックスイングが大きく背負い気味になって、安定感がなくなる。

あとは左肩を右肩が追い越さないように気を付ける。そしたらまあ内ミスがほぼなくなりそう。
(今回は外ミスが若干ひどかったが でも、5枚以上ずれるとか激しく酷くはならない)

しかし今回はずいぶんスプリットになったなあ。
いつもより遅かったのか、いつもよりフックも大きくアングルはまずまずだったと思うのだが、球威不足か?

で、手首がブロークンしないようにするにはタイミングか、と思っていたが・・・この案でいくととても難しい、難しすぎる。
ボールの存在が消えるくらいふんわりとスイングすると、すごくおかしなフォームに映る。はっきり言ってキモイw
うーん。
おそらくだが、手首が折れない手首の角度があるのではないだろうか?
手のひらに乗せる感覚だとどうしてもプッシュアウェイ~ダウンスイングの間のどこかで手首が折れる。
今回、折れないように若干無理した結果、リリースが力任せのように見えた。(決して力は入れているつもりはないのだが、たぶん腕に入ってる)
この状態より、手の位置がボールの右か、左あれば折れにくくなり、ボールの重さを感じながらスイングできるのでは?じゃあ左しかねえな!
枕で試したところ、母指球にボールを乗せる感覚くらいに絞っていくとなんだかいける気がします。

っていうことで次回は、プッシュアウェイ時に手をボールの左にもっていく、で実験。
これも今回と同じく、アドレスは気持ち低めで、ボールをプッシュするのではなく肘の形を作ってプットする感覚でいくことに注意。
どうでしょうねえ。
どうなるでしょうかねえ。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-04-18 23:25 | ボウリング | Comments(0)

3歩進んで2歩下がって、1歩進んだ!

いやあ、去年の5月からどうやったらあの時のスイングがスイングが・・・って問うていたのがようやく戻ってきました。
右脚をちゃんとかわせてなかった、ということのようです。

左中段に近い構えで、顔の前にプッシュアウェイ、腰を自分で思っているよりも極端に左に避ける。
今日のは避けすぎだった?かもしれんが。
とにかく、そのくらいの感覚で躱す。
プッシュアウェイのときに左肩を出したままのイメージで、プッシュしすぎない。
そしたら背負わずに高くバックスイングが上がる。
あとはタイミングと、右腕をしっかり締めればスイングプレーンは出来上がるかな。

でも、まだやることは他にもある・・・

次回はとりあえず、助走。
小さく、1歩目はまっすぐ、2歩目は1歩目の前、3歩目は左前、4歩目は3歩目の前、とした上で前述のバックスイングを上げると、EJタケット選手ぽいバックスイングになるイメージ。
上半身が右に残っていたらロバスミ先生っぽくなると思います。
あとは4歩目をしっかり溜めて、左肩を軸に胸を張ればいけると思うが、結構な勇気が必要だw
(追記。4歩目、溜めるっつうか、小さく出す、ってとこかな。)
でも、タイミングが合えば指に力も入らないので、勇気不要なはず。
タイミングが合えば。

どきどき。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-03-18 22:47 | ボウリング | Comments(0)

へっぴり腰が続く

親指の内側負傷。
こんなとこ擦ったのは初めてやな・・・。
とにかくひとつ学んだのは、ノンスリップテープをサムホールのふち近くに貼ってはいけないということです。
R面がついてるところはくっつきにくいらしく、(或いはオイルが浮きやすい、)テープが浮く。
結果、サムの付け根が擦れる。
ほんのちょっと擦れるだけでも、ダメージは蓄積していく。
皮がむける、痛い。
サムの腹でボールを持つとはいえ、あんまり淵すぎてもいけない、・・・と。
やれやれ、またしばらく安静じゃわ・・・。

さて、右腕の通り道を作ってアドレス、左肩に軸を作って、右腕は極力振らず、左腕を大きく返し、身体全体でスナップをきかせて右腕を”振らせる”スイングを試みる。って文字に興してもぜんぜんわからんw
残念ながらインサイドを振れていたかどうかは映像に収められんかったけど、肘が自動的に入ることがときどきあった。
さらに小指を先行させる意識にすると、実にやわらかくスイングできる。
これじゃあ~。

だが、タイミングが著しく悪い。
前傾がへっぴり腰、バックスイングが上がってない、4歩目でフォワードスイングが始まっちょる・・・。
前傾がな、早すぎるんよ。
2歩目で倒れてしもうたらな、駄目。
前傾がな、難しい。

ってことでな、次回は2歩目で前傾しない意識。
棒立ちで構わんよ。
で、ボールの重さに身を任せて3歩目から、前傾、いこう。
普段は、右ひざをしっかり曲げるように癖づけていきましょう。

ほんまにな、難しい・・・。

 

[PR]
by vavavaway | 2018-01-21 22:29 | ボウリング | Comments(0)

またも怪我

うーん 親指力入っとんかなあ
テープが悪いんかなあ
まあ とにかく安静治療にして、テープは次回剥いでやってみよう。

プッシュアウェイ時にボール基準の振り子でなく、腕を振って、ブロークンリストを避けようという試み。
前回も近いことをやったが、これがアダとなったような。
バックスイングの開始時に、サムにまあまあの負荷がかかる。
前傾のタイミングで楽にバックスイングが上がってないようだ。
もう、変な癖がついてしもうとるわい・・・。難儀。
せめて怪我せんかったら、回数投げてなれていけれるんじゃけえど。

解決策としてひとつ思いついたのは、アドレス時にボールを下向きで構える。
ダウンスイングが始まった瞬間で癖で前傾を始めてしまうので、4歩目に差し掛かるあたりでもうへっぴり腰になっちゃうんよな。
4歩目の膝でしっかり重心を下げていきたいのだが。
へっぴり腰のせいで、前傾もきっちりとれていないっぽい。困った。

まあ、とにかく次回はアドレス時にボールを下向き、で、もうひとつ、
正面向きに助走、バックスイングが始まるまで前傾がまん。
これによって、バックスイングで背負うのを防げるはず。
前傾が早い=右肩より高い左肩が早く下がる=スイングが左によれる=背負う
のを解決したい。
以上。

はよ練習したぁい。でもクリスマスシーズン入るからどこも高くなるぅー。

 

[PR]
by vavavaway | 2017-11-25 21:29 | ボウリング | Comments(0)