最近やり友がバトってくれないので、自分と戦う日々を記す。
by vavavaway
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
日記
ネタ
音楽
動画
メモ
バトル(AOC)
忍者糞剣伝
魚突き
ボウリング
リンク
Kzkey's diary(kzkey)
Caps(マサ)
適当(霜闇田)
ええあんばいじゃー。(ム)
午後てぃー(プ)
おしゃま(X)
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


自分を客観視すること

バックスイングまでの流れを、猿腕の英雄、クリス・バーンズ師匠に教えを請うw

アドレス時から若干右に傾いて、2歩目にダウンスイングの軌道を確保。
ここから。
師匠は、肘から手(ボール)までのラインを、地面に対して垂直にしてスイングしている。
フォワードスイングの時もほぼそんな感じ。
なるほど、肘を身体の内側に寄せることで、脇を締めることを実現しているわけだ。
これが、猿腕はモダンスタイルボウリングに適している、と云われる理由になりえるのかも。

さて、自分の場合は、最近のフォームは身体をターゲットに対して真っ直ぐにしているので、1歩目が若干内側に食い込み、2歩目はゆるめに左前に出、ダウンスイングの軌道は十分に確保されておらず、結果、肘をいくら締めても、ボールの軌道はドアスイングの軌道を描く。
アドレス時から若干斜めに構えておいて、2歩目をしっかり左に食い込ませればよいのだが、O脚が災いして、だいぶ食い込ませる必要があるという罠。
ぐぬぬ・・・。

それでも。
今日は、アドレス時から左中段気味に構えて、右肘とボールのラインがスイングプレーンと平行に、右脚の上に頭、右目の下あたりにボールがくるように構える。
で、右脚をかわしながらそのままダウンスイングを下ろしてみると・・・。
なんと、すんげえ背負う。
前にやった、肩をグインと回す練習時ほどではなかったが。
あと、やっぱり真っ直ぐ腕が下りない。
オープンバックの悪癖が影響もしているのだが、どうしても右脚がかわせない。

そこで、プッシュアウェイを顔の正面気味に出して、ダウンスイングを斜めに下ろすことを考える。
これも以前練習でやったが、果たしてどうなるか。

いい感じ、に思ったが、後で映像を見て愕然とする。
この感覚で、ダウンスイングがようやくスイングプレーンと平行に下りているw
自分の感覚と、現実に起きていることが全然違うのだw

これ、もっと極端にやった方がいいんじゃないか?

ってことで、次回の練習。
プッシュアウェイを、小指先行気味にして、左足の前ぐらいまで出す!
で、脇を締めながらダウンスイング、そして脇を通ってからのオープンバック。
余裕があれば、フォワードスイングも脇を締めて。

ほんとに、上手くいけば手遅れも、コントロールも良くなるはず・・・よ?
面白くなってきました。

しかし・・・、
バックスイングはやっぱり真っ直ぐ上げたいよなあ。
でないと、高さの違いがコントロールの違いになってしまう。
なんとか、真っ直ぐ上がるスイングラインがないか、探ってみたいものだ。



[PR]
by vavavaway | 2016-01-25 22:25 | ボウリング
<< 無理!・・・いや! 選択の時? >>